東京都 通信制高校

大原学園高等学校の情報/評判は?資料請求はこちらから

更新日:

公式サイト:http://ohs.o-hara.ac.jp

無料で通信制高校の資料を請求する方はこちら

 

学校がある都道府県

本校 東京
分校・協力校・スクーリング実施施設
直営・提携するサポート校

 

大原学園高等学校の特色

 

学力検定のみならず、基礎技能検定やビジネス検定にも同じレベルで力を注いでいます。

大原グループには、様々な分野の専門学校があります。卒業後は、大原学園の専門学校に優先入学の道が開かれています。また、大学・短大に進学して、資格取得を目指すときも「資格の大原」が完全サポートします。

 

大原学園高等学校の概要

 

カテゴリ 広域通信制高校
校長名 久保 光一郎
住所 本校 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-42
電話番号 03-3237-3141
FAX 03-3237-3143
最寄駅 JR総武線、都営三田線「水道橋」駅と東京メトロ半蔵門線、都営三田線・新宿線「神保町」駅と東京メトロ東西線・半蔵門線、都営新宿線「九段下」駅、3つの駅を徒歩5分程で利用できます。
生徒が入学できる都道府県 東京、千葉、神奈川、埼玉、群馬、栃木、茨城、山梨に在住している者、またはその予定者。
沿革 「資格の大原」の学校法人大原学園が創設した高等学校です。平成21年4月開校
教育理念 本校は、校訓「感奮興起」を教育の基本姿勢として、生徒の育成に取り組んでいます。生徒一人ひとりには個性があり、未来があります。本校は、明るい夢を見つけ未来を拓き、その実現に向かってがんばる生徒を応援する学校です。
形態・課程・学科 独立校・単位制による通信制課程・普通科
併設する課程
併設課程への転籍
入学・卒業時期 入学時期:4月 卒業時期:3月
修業年限 3年以上
学期制 2学期制
卒業認定単位 74単位

 

大原学園高等学校のスクーリングについて

 

登校日数 平日コース・・・週5日 

土曜・集中履修コース・・・週1日

スクーリング会場 本校

 

大原学園高等学校の学校生活の状況

 

学習状況
併修単位
学校行事
同好会・クラブ活動
特別活動
生活指導
進路指導
進学指導
補修指導

 

大原学園高等学校の生徒に対する対応

 

【転・編入生】

全在籍校の単位は全て、高認試験(旧大検)で合格した科目も全て、振り返ることができます。

転入は随時、編入時期は4月です。

 

大原学園高等学校の生徒数・教員数

 

生徒数
教員数 教員数:男性13名女性7名 非常勤講師:男性1名 女性3名

 

大原学園高等学校の学費

資料請求を行い、ご確認ください。

 

大原学園高等学校の施設情報

 

校地面積 グラウンド
運動場面積 図書室
視聴覚教室 プール
体育館 食堂
ラウンジ カウンセリング室

 

大原学園高等学校の進路状況


青山学院大学、桜美林大学、学習院女子大学、神田外語大学、慶應義塾大学、恵泉女学園大学、國學院大学、駒澤大学、相撲女子大学、白百合女子大学、専修大学、成蹊大学、中央大学、津田塾大学、東洋大学、東海大学、東京女子大学、東洋英和女学院大学、同志社大学、日本大学、日本獣医生命科学大学、日本女子体育大学、法政大学、武蔵大学、明治大学、立命館大学、立教大学、早稲田大学 など多数

 

大原学園高等学校の募集要項

 

新入学

 

出願資格 東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・山梨県に在住している者、または、その予定の者
入学時期 4月
検定料 2万円
出願書類
選考方法 推薦入試:書類審査 、面接(受験生) 一般入試:書類審査 、作文(600~800字) 、面接(受験生)
合否発表 選考日翌日に発送
入学手続き

 

転入学

 

出願資格 東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・山梨県に在住している者、 または、その予定の者で高等学校に在籍している者
入学時期 毎月初
検定料 2万円
出願書類
選考方法 書類審査 、作文(600~800字) 、面接(受験生)
合否発表 選考日翌日に発送
入学手続き

 

編入学

 

出願資格 東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・山梨県に在住している者、 または、その予定の者で高等学校を中途退学した者
入学時期 4月
検定料 2万円
出願書類
選考方法 書類審査 、作文(600~800字) 、面接(受験生)
合否発表 選考日翌日に発送
入学手続き

 

大原学園高等学校のアクセス

 

北海道地方

 

 

東北地方

 

関東地方

 

■本校

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-42

 

中部・東海地方

 

 

近畿地方

 

 

中国・四国地方

 

 

九州・沖縄地方

 

この記事が気に入ったらフォローしよう

学校のパンフレットは早めに取り寄せておこう!

通信制高校

通信制高校への入学を考えている場合は、先に資料請求を終わらせておいたほうが良いでしょう。

インターネットに書いてある情報とパンフレットに書いてある情報に違いがあることも珍しくありません。

通信制高校のパンフレットに書いてある情報のほうが正確ですし、ネットの情報より細かく書いてあります。

また願書の提出期間などは通信制高校によって違いがありますし、資料請求が遅れたせいで受験できないこともあるので、早めに資料請求しておくに越したことはありません。

最近はネットで1分程度の入力をするだけで通信制高校の資料請求を済ませることができます

ご希望の通信制高校はもちろん、家の近くにある他の通信制高校も資料請求してみるとよいでしょう。資料請求するのは無料ですし、安易に入学を決めるより、比較してしっかり検討したほうが良いです。

こちらから通信制高校のパンフレットを無料で請求できますので、早めに済ませておくことをおすすめします。

-東京都, 通信制高校

Copyright© 通信制高校チョイス , 2018 All Rights Reserved.