神奈川県 通信制高校

清心女子高等学校の情報/評判は?資料請求はこちらから

更新日:

公式サイト:http://www.seisin.ed.jp

無料で通信制高校の資料を請求する方はこちら

 

学校がある都道府県

本校 神奈川
分校・協力校・スクーリング実施施設
直営・提携するサポート校

 

清心女子高等学校の特色

月曜日から金曜日までの週5日制で、全日制高校と同じように毎日通学する普通・保育・ライフデザインの平日コースと通信コースがあります。

各クラスごとに学級委員、風紀委員、美化委員、保健委員、図書委員を2名ずつ選出しています。この10名の委員が中心になって、学校生活のさまざまの場面で自主的・自治的な諸活動を行なっています。

系列校の横浜高等教育専門学校への進学には入学金の免除があります。

清心女子高等学校の概要

 

カテゴリ 通信制高校
校長名 水野 多嘉子
住所 本校 〒222-0024 神奈川県横浜市港北区篠原台町36-37
電話番号 045-421-8864
FAX 045-423-8182
最寄駅 東急東横線「白楽」駅下車、徒歩7分 

横浜市営地下鉄ブルーライン「岸根公園」駅下車、徒歩15分

生徒が入学できる都道府県 神奈川、東京
沿革 1949年 10月 大谷学園創立 

1968年 4月 聖心女子高等学校創立

教育理念
形態・課程・学科 独立校・学年制による通信制課程・普通科
併設する課程 なし
併設課程への転籍
入学・卒業時期 入学時期:4月 卒業時期:3月
修業年限 3年
学期制 3期制
卒業認定単位 84〜94単位

 

清心女子高等学校のスクーリングについて

 

登校日数 週5日(月〜金)※原則1日6時限、1時限50分
スクーリング会場 本校

 

清心女子高等学校の学校生活の状況

 

学習状況
併修単位
学校行事 スポーツ大会、体育祭、合唱コンクール、文化祭、百人一首大会
同好会・クラブ活動 卓球、バドミントン、ソフトテニス、ソフトボール、バレーボール、剣道、バスケットボール、家庭科、美術、演劇、書道、軽音楽、吹奏楽、文芸、手話、茶道、華道、英語、漫才研究、ハンドベル、パズル
特別活動
生活指導 高校生としての自覚を持った行動ができるよう指導しています。
進路指導
進学指導
補修指導

 

清心女子高等学校の生徒に対する対応

【不登校生】

中学時代に不登校生だった生徒もいます。欠席日数に関わらず受験可能です。スクールカウンセラーが様々な相談にのってくれます。

清心女子高等学校の生徒数・教員数

 

生徒数 247名
教員数 〈教員〉男性:11名 女性:20名

〈カウンセラー〉1名

〈入試担当〉1名

 

清心女子高等学校の学費

〈普通・保育・ライフデザインコース〉

入学金:20万円

授業料:40万2,000円

施設費:11万円

生徒活動費:5,000円

教材費等:2万円

保険冷暖費:2万4,000円

旅行積立金:4万8,000円

保護者会費:2,400円

〈通信コース〉

入学金:2万円

授業料:7,000円(1単位)

施設費:1万円

通信費:1万円

教材費等:5,000円

清心女子高等学校の施設情報

 

校地面積 グラウンド
運動場面積 図書室
視聴覚教室 プール
体育館 食堂
ラウンジ カウンセリング室

 

清心女子高等学校の進路状況

大学:5名

短大:7名

専門学校:34名

就職:13名

その他:12名

神奈川大学、目白大学、武蔵野大学、東京家政大学、明星大学、帝京大学、相撲女子大学、桜美林大学、田園調布学園大学、横浜創英大学、湘北短期大学、帝京短期大学、小田原短期大学、洗足こども短期大学、横浜高等教育専門学校、聖ヶ丘教育福祉専門学校、実践女子大学短期大学部、横浜女子短期大学 他

清心女子高等学校の募集要項

 

新入学

 

出願資格
入学時期
検定料 2万円
出願書類
選考方法 面接(保護者同伴)・書類審査
合否発表
入学手続き

 

転入学

 

出願資格
入学時期
検定料
出願書類
選考方法
合否発表
入学手続き

 

編入学

 

出願資格
入学時期
検定料
出願書類
選考方法
合否発表
入学手続き

 

清心女子高等学校のアクセス

 

北海道地方

 

 

東北地方

 

関東地方

 

■本校

〒222-0024 神奈川県横浜市港北区篠原台町36-37

 

中部・東海地方

 

 

近畿地方

 

 

中国・四国地方

 

 

九州・沖縄地方

 

この記事が気に入ったらフォローしよう

学校のパンフレットは早めに取り寄せておこう!

通信制高校

通信制高校への入学を考えている場合は、先に資料請求を終わらせておいたほうが良いでしょう。

インターネットに書いてある情報とパンフレットに書いてある情報に違いがあることも珍しくありません。

通信制高校のパンフレットに書いてある情報のほうが正確ですし、ネットの情報より細かく書いてあります。

また願書の提出期間などは通信制高校によって違いがありますし、資料請求が遅れたせいで受験できないこともあるので、早めに資料請求しておくに越したことはありません。

最近はネットで1分程度の入力をするだけで通信制高校の資料請求を済ませることができます

ご希望の通信制高校はもちろん、家の近くにある他の通信制高校も資料請求してみるとよいでしょう。資料請求するのは無料ですし、安易に入学を決めるより、比較してしっかり検討したほうが良いです。

こちらから通信制高校のパンフレットを無料で請求できますので、早めに済ませておくことをおすすめします。

-神奈川県, 通信制高校

Copyright© 通信制高校チョイス , 2018 All Rights Reserved.